武漢のバスにAlipayで乗ってみた

投稿日:

検証日:2019年12月中旬

検証結果:運賃はどこまで乗っても同じ。大抵は2元だが、バスの種類によっては1元である。QR決済すると少し割引になる。乗るバスは百度地図の経路検索で分かる。

武漢市内を走るバスに乗ってみた。

経路検索は、百度地図でできる。経路がわかる手段があるので、武漢滞在中、路線図は要らなかった。QR決済ができるようであることを事前に確認していたため、筆者はさっそく、Alipay(支付宝)で支払えるようにするために、セットアップをした。尚、本記事におけるAlipayでのセットアップは英語表示での解説となる。

まずは、Alipayを立ち上げて、支払い画面の下にある”Transport Code”を選択する。

Alipayの乗車カード追加画面
出典:Alipay (Hangzhou) Technology Co. Ltd

そして画面右上にある「…」をタップし、「添付新卡」をタップする。

Alipayの公共交通機関の都市選択画面への入り口
出典:Alipay (Hangzhou) Technology Co. Ltd

中国の都市の一覧が出てくるのでその中から“武汉”を見つけて選択する(あるいは、検索窓から”武”と入力して武汉を見つけ出して選択してもよい)。

Alipayでの公共交通機関セットアップ時の都市一覧
出典:Alipay (Hangzhou) Technology Co. Ltd

そして公交可用の“武汉电子公交卡”を選択する。ちなみに、以前の記事で紹介した武漢地下鉄(武汉地铁)もここに表示されているが、これを選択しても“Metro新时代”アプリの案内画面が表示されるだけである。

出典:Alipay (Hangzhou) Technology Co. Ltd

このあと認証を経て成功すれば、以下のようなQRコードを表示することができる。

武汉电子公交卡のQRコード
出典:Alipay (Hangzhou) Technology Co. Ltd

灰色の部分は実際にはQRコードが表示されている。これで準備は完了。WeChat Pay(微信支付)でも乗車できるようであるが、今回は試さなかった。

さて、その後、バス停で百度地図で経路検索したバスが来るのを待った。バス停には以下のようなバスの番号と停車するバス停名が案内されている場合もあるが、無いバス停もある。

武漢バスのバス停留所のバス案内
バス停にあるバス案内

お目当てのバスが来たので乗車する。バス番号はバスの車体の正面に出ている。合図をしないとバスが停車してくれないのかどうかはよく分からなかった。

バス前方の扉から乗車する。運賃は前払い。どこまで乗っても一律2元(日本円で30円程度)。バス停の案内をみるとバスの種類によっては1元の場合もあるようである。激安。筆者はさきほどのAlipayのQRコードをQR決済用の装置のCCD部分にかざして支払った。引き落とされた金額は1.6元であった。QR決済だと少し割引されるようである。

武漢バスの車内
バス車内の様子

車内は汚くはないが、きれいというほどでもない。老人やけが人用の優先席はある。

降りるときは後ろの扉が開いたらそこから降りるだけである。再度QRコードをかざしたりはしない。

これが乗り方である。

その後何度か乗車したが、現金で支払いをしている人は見かけず、スマホをかざしているか、カードをタッチしているかであった。バスは”武汉通“というICカードでも乗車することができるが、カード本体の購入・お金のチャージ場所までの道のりやデポジットが数十元必要など、短期滞在にはあまり向かない。

-, , ,

リブエア  リブエア

旅好きが旅にまつわるデジタルライフをゆるめにお届けする場所です。執筆者はひと月に最低1度は海外に出掛け、現地の路地裏をウロチョロしています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、海外渡航は行っておりません。
広告