武漢のケンタッキーでWeChatで注文してみた

投稿日:

検証日:2019年12月中旬

検証結果:テーブルに貼ってあるQRコードをWeChatでスキャンすればメニューを表示することができる。注文も支払いもそのままWeChatで出来る。店を出るまで店員と喋ることはなかった。

武漢市内にあるケンタッキー(肯德基、KFC)の店舗で、WeChat(微信)で注文してみた。

訪れたのは武漢の観光スポットである黄鶴楼の近くにある店舗。中へ入ってみると、店舗の奥に有人の注文カウンターがあり、入り口からそこまでは席が並んでいるというレイアウト。テーブルをよく見ると、何やらQRコードが貼ってある。

肯德基のテーブルに貼られているQRコード
ケンタッキーのテーブルに貼られているQRコード

そこで筆者は空いている席に座り、WeChatの”QRコードのスキャン”からこのQRコードをスキャンしてみた。すると、メニューが表示された。ここで、適当に商品を選び、そのまま注文・支払いをWeChatで済ませることができた(厳密にはメニュー表示、注文処理は肯德基のWeChatミニプログラムである)。支払い処理が終わると、番号札が画面に表示された。

肯德基の商品
出典:肯德基

そして商品が出来上がるまでそのまま座って待っていた。商品の受け取りカウンターの上にモニターがあり、そこに出来上がった注文番号が順次表示されていた。これに関しては日本のファストフードと同じシステムである。

筆者の番号がモニターに表示されたので、受け取りに行った。出来上がった商品はこちら。

チキン5ピース入り

ちなみに、これで39元(日本円で600円ほど)。日本のケンタッキーでの値段を公式ホームページで確認するとチキン5ピースで1230円のようなので(本記事投稿時点)、半額程度か。味は普通においしいが、筆者は日本のケンタッキーにあまり行ったことがないので日本との比較はできず。

WeChatの取引履歴にもちゃんと残っている。取引履歴の表示方法は、WeChatアプリのトップページから”微信支付”を見つけ、タップする、である。

出典:Tencent Inc.

結局、店舗を出るまで店員と喋ることはなかった。QRコードでどのテーブルから注文されたかまで判断し、出来上がった商品を注文した客のテーブルまで持って来てくれる飲食店もあるが、ケンタッキーではテーブルまで特定しているのかどうかは不明だが、少なくとも持って来てはくれない模様。

-,

リブエア  リブエア

旅好きが旅にまつわるデジタルライフをゆるめにお届けする場所です。執筆者はひと月に最低1度は海外に出掛け、現地の路地裏をウロチョロしています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、海外渡航は行っておりません。
広告