ダイナースがApple Payで使用可能に

投稿日:

検証日:2020年4月1日

検証結果:普通に支払いできた。QUICPayとして使用する。

今回は、ダイナースカードをApple Payに追加して、Apple Watchから利用してみた。

2020年4月1日からダイナースカードがApple Payで使用できるようになった。

2020年4月1日から、ダイナースクラブカードでApple Payが使えるようになりました。コンビニエンスストアなど、店頭でQUICPay™(クイックペイ)のマークを表示しているお店でご利用いただけます。

出典:三井住友トラストクラブ株式会社

100円に付き1ポイント貯まるとのこと。

筆者がApple Pay、Apple Watchへの追加を行ったカードはこちら。

ダイナースカード
ANAダイナース スーパーフライヤーズカード

Apple Pay、Apple Watchへの追加方法は他のカードと同じであり、ダイナースの公式ホームページでも案内されているのでそちらを参照されたい。

> https://www.diners.co.jp/

追加を行った後、ローソンのセルフレジで支払いをしてみた。

公式ホームページでも解説されているが、QUICPayとして扱われるので、セルフレジでの選択操作としては、

  1. “支払い方法選択”にて、”IC 電子マネー”を選択する
  2. 利用する電子マネーは、QUICPayを選択する
  3. スマホでの支払いを選択する

となる。この後、Apple Watchでダイナースを選択状態にして、電子決済を読み取る位置にかざす。

Apple WatchのApple Pay画面
出典:Apple Inc.

支払いは無事完了した。レシートを確認すると、

ローソンのレシート
レシート

QUICPayと印字されている。問題なくできたようだ。
QUICPayなので日本国外では使えないのが残念である。

■■■
前出のApple Watchの写真は、支払い時(=ローソン店舗内)ではなく、後でローソン店舗外で撮影したものである。

-, ,

リブエア  リブエア

旅好きが旅にまつわるデジタルライフをゆるめにお届けする場所です。執筆者はひと月に最低1度は海外に出掛け、現地の路地裏をウロチョロしています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、海外渡航は行っておりません。
広告