武漢の地下鉄をAlipayで乗ってみた

投稿日:

検証日:2019年12月中旬

検証結果:運賃は安い。自動券売機で切符を購入するほか、QR決済でも乗ることができた。ホーム、車内はきれい。

中華人民共和国武漢市は地下鉄が通っている都市である。今回は武漢で地下鉄に乗ってみた。

武漢の地下鉄は武漢地下鉄(武汉地铁)が運営している。最新の路線図は公式ホームページなどを参照されたい。

今回、筆者は空路で武漢入りしたため、武漢天河国際空港から地下鉄が出ているので、さっそく空港直結の駅からホテルの最寄り駅までの1時間半ほどを移動してみた。余談だが、中国国内の経路検索は、百度地図を使ったほうが良い。中国ではVPNを使わないとGoogleマップが使えずVPN越しだと通信が遅くなるという理由もあるが、百度地図のほうが中国国内については正確な情報が得られるという理由もある。

武漢国際空港から地下鉄駅までの案内表示
武漢天河国際空港から地下鉄までの案内

さて、今や何でもAlipay(支付宝)かWeChat Pay(微信支付)で支払いができる中国。筆者は 既にAlipayとWeChat Payでの支払いができる状態なので、まず、 AlipayかWeChat PayのQR決済で地下鉄に乗ることができないかを調べてみた。
すると、“Metro新时代”という武漢地下鉄公式のアプリでQRコードによる乗車ができることを突き止めた。早速、このアプリをスマホにインストールしてみた。このアプリでのQR決済は、AlipayかWeChat PayかICBC(工银e支付)かのいずれかでの支払いができ、乗車時にスマホがネットに接続できることが前提となる。インストールしたら、支払い方法を設定する必要があるが、筆者はAlipayと紐づけた。

そして、アプリのQRコード表示画面がこれ。

出典:Wuhan Wisdom Subway Technology Co., Ltd.

灰色の部分は実際にはQRコードが表示されている。

駅構内に設置されている自動券売機はスルーして改札機のところまで直接向かう。

改札機の少し下側に”QR CODE SCANNING”と書かれた場所にMetro 新时代で表示したQRコードをかざす。

武漢の地下鉄の改札機
QRコードをかざす場所(これは退場時の写真)

うまく処理が行くと、ゲートが開く。この後、ホームへ行き、

電車に乗り込む。

武漢地下鉄の車内
車内の様子

ホームも電車もきれいである。車内では次に停まる駅が電子表示される。

武漢地下鉄の車内の電子表示
次に停まる駅の表示

そして、目的の駅についたら、日本と同じように普通に降りる。

最後に退場する際に、改札機にさきほどのアプリのQRコードを再度かざす。すると、運賃が引き落とされる。取引結果はこのアプリの”账单“を確認するか、Alipayの取引履歴で確認できる。今回の乗った区間は8元(日本円で百数十円程度)であった。日本と比較すると、1時間半乗ってこの値段であれば、安い。

武漢地下鉄の駅構内
改札を出たところ

エスカレーターもあり、床は真っ平なので大きなスーツケースを持っていても問題なし。改札口でも幅の大きい改札が用意されていたので、スムーズに通れた。

後日、自動券売機でチケットを購入して乗ってみた。

武漢地下鉄の自動券売機
武漢地下鉄の自動券売機

特につまずくことはなくチケットを購入できた。ここでもQR決済をすることができ、筆者はAlipayで支払った。出てきたトークンを取り出す。

武漢地下鉄のトークン
武漢地下鉄のトークン

このトークンを改札で入場するときはかざし、退場するときに投入口に投入すればよい。

いずれにしてもAlipayかWeChat Payで支払いができる場合は現金いらずで乗れる。

-, , ,

リブエア  リブエア

旅好きが旅にまつわるデジタルライフをゆるめにお届けする場所です。執筆者はひと月に最低1度は海外に出掛け、現地の路地裏をウロチョロしています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、海外渡航は行っておりません。
広告