VisaデビットがGoogle Payで使用可能に

投稿日:

検証日:2020年3月中旬

検証結果:使用はできるが、日本国内では使用できる店舗がまだ少ない。

2019年11月14日からGoogle PayにてVisaデビットカードが使用できるようになった。それまで日本ではVISAのクレジットカードをGoogle Payに登録してもiDまたはQUICPayという扱いでしか利用できなかった。

11/14/2019
スマートフォンでVisaのタッチ決済[i]が利用可能に
ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:スティーブン・カーピン、以下Visa)は、本日、VisaデビットカードがGoogleの提供するGoogle Payへの対応を開始することを発表いたしました。

出典:Visaウェブサイト

今回は、遅まきながら、日本国内でVisaデビットカードをGoogle Payで使ってみた。

まずはGoogle PayにVisaデビットカードを登録する。VISAの公式ウェブサイトによると、Google Payに対応しているVisaデビットカードは以下とのこと(本記事投稿時点)。

  • JNB Visaデビットカード
  • Sony Bank WALLET
  • 北國Visaデビットカード
  • 北國Visa法人デビットカード
  • 三菱UFJ-VISAデビットカード
  • りそなデビットカード(関西みらい銀行)
  • りそなデビットカード(埼玉りそな銀行)
  • りそなデビットカード(りそな銀行)
  • りそなビジネスデビットカード(りそな銀行)

筆者は「ANAマイレージ/Sony Bank WALLET」を登録した。登録方法は各デビットカード発行会社のホームページで解説されているため、ここでは割愛することにする。

ANAマイレージ/Sony Bank WALLET
ANAマイレージ/Sony Bank WALLETカード

登録すると、iDやQUICPayではなく、”タッチ決済”として表示される。

Google Payのスクリーンショット
© Google

これをまず、とある薬局で使用しようとした。店員にVisaのタッチ決済で支払いたい旨を伝えると、他の店員と確認後、対応していないとの返事が返ってきた。残念。次に別のお店でも同じように試みたが、またもや同じ反応。もしや、Google Payは関係なく、Visaのタッチ決済自体、対応している店舗が少ないのでは?と思い、VISAの公式ウェブサイトでVISAタッチ決済加盟店を確認すると、やはり現時点では限られた店舗だけであった。この情報をもとに、筆者は対応している店舗であるローソンで使用してみた。

レジでは店員へ”クレジットで”とコールする。筆者は最初、”Visaのタッチ決済で”とコールしてみたら、店員は”え?”という状態なって、別の店員がヘルプに来た。これはローソンのとある1店舗に限ったことではなく、複数のローソンの店舗で同じ状態となった。

レジの端末のランプが点灯した領域(電子マネーで支払うときと同じ場所)にスマホをかざす。端末にかさず前にNFCはONにしておく必要がある。

取引結果がGoogle Payの画面に表示される。

Google Payのスクリーンショット
© Google

画面内の取引部分をタップすると、詳細画面が表示される。

Google Payのスクリーンショット
© Google

レシートには”Visa Debit”と印字されている。

ローソンのレシート
Google Payで支払った際のレシート

対応している店舗では問題なく使用できるようである。

日本ではまだ使用できる店舗は少ないが、海外のVisaのタッチ決済に対応している店舗が多い国へ渡航した場合は、今回筆者が試したカードのような、海外でも使用できるデビットカードをGoogle Payで使用すれば、スキミング対策としてそれなりに重宝するのかもしれない。

※Google および Google ロゴは Google LLC の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

-,

リブエア  リブエア

旅好きが旅にまつわるデジタルライフをゆるめにお届けする場所です。執筆者はひと月に最低1度は海外に出掛け、現地の路地裏をウロチョロしています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、海外渡航は行っておりません。
広告