JAL国内線のUSB電源の電流を測定してみた

投稿日:2020年9月20日
更新日:

検証日:2020年7月下旬

検証結果:仕様は機種によって違い、B737・B767ではType-Aが5V・2.1A、Type-Cが5V・3.0A、B787・A350では5V・1.0Aである。実測値は、接続するUSBケーブルと装置に依存する。

前回の記事で、ANA国内線のUSB電源の電流・電圧を測定した記事を投稿した。

今回は、JALの国内線でUSB電源の電圧・電流を測定してみた。

JAL国内線でUSB電源がある機種は?

本記事投稿時点で、JAL国内線で座席にUSB電源がある機種は以下である。

  • ボーイング737-800の一部の機材
  • ボーイング767-300の一部の機材
  • ボーイング787-8
  • エアバスA350-900

普通席の場合、B787・A350はシートモニターにType-AのUSBのポートがあり、B737・B767はシートの下にType-AとType-Cの二つのUSBポートがある。

B767のUSBポート
B767の普通席のUSB電源

JALによると、B737・B767については2022年3月までに順次導入していくとのことである。

JAL国内線のUSBポートの電圧・電流の値

JALに仕様を確認してみた。ファーストクラス、クラスJ、普通席で違いはないとのことであった。

仕様

B737-800、B767-300

Type-Aは、電圧は5V、電流は2.1A
Type-Cは、電圧は5V、電流は3.0A
(USBポートはType-AとType-Cが用意されている)

A350-900、B787-8

電圧は5V、電流は1.0A (USBポートはType-Aのみ)

実測値

測定にはアンペアメーターというスマホアプリを使用し、Type-Aについてはルートアール社のRT-USBVAC60QCというQuickCharge3.0に対応した電圧電流チェッカーでも測定してみた。

なお、実測したのはB767とA350である。

B767-300

まずは、Type-Cから。シート下にあるUSB電源ポートに差し込み、USBケーブル(最大3.0Aに対応)とスマホを接続してみた。スマホはGalaxy S8+でQuickCharge3.0にも対応している。

そのときの電圧・電流は以下であった。

B767のUSB-Cの電流・電圧
出典:zadeveloper

2.5A近く出ており、仕様どおりかなり高い電流である。

続いて、Type-AのUSBポートに接続して確認してみた。Type-AについてはUSBチェッカーも接続して測定してみた。

B767のUSB-AのUSB電流・電圧チェッカーでの結果
Type-AのUSBポートに接続時
B767のUSB-Aの電流・電圧
出典:zadeveloper

2.1Aほどまではいかないが、まずまずの出力である。

なお、Type-CでもType-Aでもアンペア数は流動的に変化していた。

A350

A350のUSB電流・電圧チェッカーでの結果
A350での計測結果

JALによると仕様は1.0Aまでの出力とのことであったが、上の画像のとおり、実際には1.0A以上の出力がされているようであった。スマホアプリから確認しても1.0A以上が出ていた。

A350の電流・電圧
出典:zadeveloper

後日、同機種で別の機体番号の便、複数で普通席、クラスJで試したが、やはりどの機体、座席クラスでも1.0A以上が出ていた(2021年12月6日追記)。

一般的にUSBでの充電は、USBケーブルの長さや対応している規格(USBバージョン、QuickCharge、PowerDelivery)、スマホなどの充電側の充電状態(80%以上になると遅くなるなど)にも依存するので、今回の測定結果は大まかな目安でしかないだろう。仕様を上回る数値が出た点は不明だが。

JAL 日本航空

リブエア  リブエア

旅好きが旅にまつわるデジタルライフをゆるめにお届けする場所です。執筆者はひと月に最低1度は海外に出掛け、現地の路地裏をウロチョロしています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、海外渡航は行っておりません。
広告