重慶のバスをWeChatで乗ってみた

投稿日:

検証日:2019年12月中旬

検証結果:QR決済に対応している。運賃は安い。車内は汚くもきれいでもなく普通。乗り方、降り方は他の中国の都市と同じ。

重慶市内を走るバスに乗ってみた。

重慶のバスは重庆公交が運営している。前回の記事で地下鉄ではQR決済による乗車が未対応であったが(2019年12月中旬時点)、今回、バスは対応していることを事前に確認していた。筆者はWeChat(微信)でのセットアップを行った。

WeChatでのセットアップ方法は、以前の西安のバスの記事で解説している手順と同じだが、重慶のバスの場合は”添加交通卡”画面で”重庆市”を見つけ(ChongqingなのでCのカテゴリにある)、その中から“重庆公共交通乘车码”の”添加”をタップする(画像では既にセットアップが終わっている状態なので”添加”が表示されていない)。

WeChat(微信)の公共交通機関の一覧画面
出典:Tencent Inc.

この後、認証が入り(画像は無し)、成功すればセットアップ終了である。”交通卡”画面に交通機関・支払い手段として追加表示される。

WeChat(微信)の登録済み公共交通機関の一覧画面
出典:Tencent Inc.

毎回、この画面からQRコードを表示させてもよいが、トップ画面にフローティング操作ボタンを配置しておくと便利である。やり方は、以前の西安のバスの記事を参照されたい。

目的地までの経路は百度地図で検索すると良い。ホテルのWi-Fiなどを使って外出前にスマホにインストールしておくことをおすすめする。

さて、目当てのバスがやってきたので乗り込む。結論を先に言うと、乗り方は中国の他の都市のバスと同じであった。

目当てのバス(番号がバス正面に出ている)がバス停に停まったら、バス前方の扉から乗り込む。すると、現金箱、QRコード読み取り機があるので、支払い手段に応じて支払いを済ませる(前払い)。運賃は1回ごとの定額。

重慶のバス車内の様子
バスに設置してあるQRコード読み取り機

重慶の場合、1回の乗車につき2元(日本円で30円程度)。安い。他の都市のバスだとQR決済による割引があったりすることがあるが、重慶では無かった。下の画像はWeChatでの乗車記録である。

WeChat(微信)の乗車記録画面
出典:Tencent Inc.


QRコード画面の右下にある”我的”から進み、”乘车记录”画面から表示させる。乗車時にQRコードを読み取らせているだけなので、乗車記録といっても、乗り降りしたバス停は記録されず、決済がされた日時が記録される。

降りるときも、降りたいバス停でバスが停まって後部の扉が開いたら、勝手に降りるだけ、というのは他の中国の都市部のバスと同じである。

バスに依るのだと思われるが、あまりきれいではないバスもあり、また、夕方になると天気が曇りだと、車内が薄暗いときもあった。

重慶の別のバス車内の様子
夕方のバス車内の様子

-, , ,

リブエア  リブエア

旅好きが旅にまつわるデジタルライフをゆるめにお届けする場所です。執筆者はひと月に最低1度は海外に出掛け、現地の路地裏をウロチョロしています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、海外渡航は行っておりません。
広告