GrabPayの使い方

投稿日:

今回は、日本人が利用するのにハードルが低い、GrabPayの使い方を筆者の体験をもとに解説したいと思う。

GrabPayが何かを3行で説明すると

  • チャージ型のモバイル決済サービス
  • QRコードを読み取って支払う
  • 東南アジア諸国で展開されているが、日本人旅行者でも利用できる

店舗(in-store)での支払いは事前にチャージされたお金(GrabPay Wallet)から引き落とすものであり(プリペイド式)、クレジットカード・銀行口座から直接引き落とすもの(リアルタイムペイ式・ポストペイド式)ではない。

公式ホームページ
> https://www.grab.com/my/pay/

GrabPayが展開されている国

本記事投稿時点(2020年7月時点)で、GrabPayが展開されている国は、

  • マレーシア
  • フィリピン
  • シンガポール
  • タイ
  • ベトナム
  • インドネシア

である。カンボジアとミャンマーでもサービス展開が計画されている。日本でサービスは展開されておらず、計画も現時点ではないようである。従って、当然、マイナポイントの対象でもない。

GrabPayを使用するのに必要なもの

GrabPayを使用するのに必要はものは、

  • スマホ(電話番号があり、SMSとインターネットが使用できること)
  • Grabアプリ
  • パスポート番号とその有効期限
  • クレジットカード
  • メールアドレス

である。これらが用意できれば良いので日本人でも使用することができる(ただし、シンガポールでの利用については後述する)。日本で発行されたクレジットカードが使用できる。

SMSはアカウント作成時およびアカウントへのログイン時に使用し、それ以外ではインターネットに接続されていればよい。

GrabPayはGrabアプリの一機能として提供されているので、Grabアプリをスマホにインストールする必要がある。

なお、フルスペック(支払い金額上限のアップとお金の送金機能)を利用するにはパスポートとは別に現地国発行の身分証による認証が必要となるため、短期旅行者には利用できない。

GrabPayのアカウント作成方法

Grabアプリを立ち上げると電話番号入力画面が表示されるので、電話番号を入力して”Continue”をタップする。その後にSMSで確認番号が送られてくるので入力する。従って、このタイミングで電話回線を掴んでいる必要がある。

Grabアプリのログイン画面
出典:Grab Holdings

入力した電話番号で初めてログインした場合は、名前、メールアドレスを入力する画面に遷移する。メールアドレスは同じものは登録できないので、複数の電話番号で同じメールアドレスのアカウントは作成できない。電話番号はあとから変更することができるが、そのときアカウントはメールアドレスで識別しているようである。

日本の電話番号でもアカウント作成することは可能である。ただし、チャージするには現地SIMでないとできない国もある。これについては後述する。

このタイミングでのスマホの位置情報がアカウントの登録国となり、使用する通貨の選定に使用される。スマホの位置情報がOFFであったり、Grabアプリの位置情報取得権限を付与していない場合は、手動で位置を設定する。登録した国はあとで変更することができる。

GrabPayのチャージ方法

チャージ手順

1.トップ画面の”Payment”をタップする。

Grabアプリのトップ画面
出典:Grab Holdings

2.パスポート情報を登録していない場合は、”Set up your GrabPay Wallet”が表示されているので、それをタップして登録する。

出典:Grab Holdings

3.再びPayment画面に戻り、”Top Up”をタップする(下の画像は既にいくらかチャージされている状態であるが)。

出典:Grab Holdings

4.”Cards”をタップする。

出典:Grab Holdings

5.チャージ金額を入力する。マレーシアリンギットの場合、50、100、200RMの吊るしがあるが、それ以外にもフリーで入力できる。最低金額は20RMからである。

出典:Grab Holdings

チャージ金額を設定したら、”Payment Method”の”Select from the list”をタップする。

6.クレジットカードを選択する。”International card”欄には既に登録済みのカードが並ぶ。これはPayment画面右上の設定アイコンや”Add a card”にて登録できる。

出典:Grab Holdings

“Others”には使用できるクレジットカードのブランドが並ぶ。マレーシアの例だと、

  • MasterCard
  • VISA
  • アメリカン・エキスプレス
  • UnionPay(銀聯)
  • JCB

である。ここから選択操作してもカード情報を入力しても良い。

7.チャージ方法、金額に問題無ければ、”TOP UP”をタップする。

出典:Grab Holdings

8.クレジットカードの処理が成功すれば、その旨が画面に表示される。

出典:Grab Holdings

これでおしまいである。

チャージされたお金のことを”GrabPay Wallet“と呼ぶ。アカウントに登録している位置情報の国の通貨でチャージされるので例えば位置情報をマレーシアにしている場合はリンギット(RM)となる。位置情報の登録を別の国に切り替えてもチャージ済みのGrabPay Walletは両替されず、そのまま残る。例えば、マレーシアからシンガポールに切り替えてもチャージしたリンギットはそのまま残り、シンガポールドル(SGD)でチャージしてもチャージ済みのリンギットと合算はされない。Credits画面で”All currencies”をタップするとそれぞれの通貨のチャージ金額が確認できる。

出典:Grab Holdings

チャージは少額でもできるので(リンギットの場合だと20RMから、シンガポールドルだと10SGDから)、GrabPay Walletを大きく余らせてしまうリスクも小さい。

日本に居るとチャージできない??

公式には、アカウント登録している国に居ないとチャージはできないとアナウンスされている。

NOTE: At this time, users cannot top up their GrabPay Wallet while overseas. You must be in the country where you registered your GrabPay Wallet for top-ups to happen. For example, if you have a Singapore GrabPay Wallet, you cannot top up your balance while you are in Indonesia.

引用:Grab公式ホームページ

“公式には”と表現したのは、チャージできる方法があるのが実状であるためである。筆者が日本に居てマレーシアで登録したGrabPayアカウントにチャージをしようとしたら、”Sorry, our server reported an error (Bad Input.). Please try again later.”と表示され、確かにチャージ操作は先に進めなかった。しかし、Grabアプリに対する位置情報の提供を許可しないようにスマホの設定を変更してGrabアプリを立ち上げなおしたところ、ログイン後に位置を選択する画面に遷移し、適当なマレーシアの場所を設定したら、チャージできるようになった。

この手動による位置情報は、GrabアプリのAccount>Settings>Location>Manage locationにて変更できる。

なお、VPNでだますことはできない。

GrabPayでの支払い方法

GrabPayでの支払い方法はPayPayと同じ手順である。

  1. GrabPayアプリを立ち上げる
  2. 支払い相手のQRコードを読み取る(※)
  3. 支払い金額を自分で入力する
  4. 確定操作を行う
  5. 店員に支払い完了画面を見せる

※Grabアプリには自分のQRコード/バーコードを支払い相手に読み取ってもらう機能も備えているが、筆者の体験上では自分でQRコードを読み取る方式しか経験したことはない。

Grab公式のYoutubeチャンネルでも手順が解説されているので以下に引用しておく(ただし、動画内のアプリ画面は少し抽象化されている)。

出典:YouTube “Grab Offical”チャンネル https://youtu.be/36e79_-NqrY

QRコードは、実際には、以下のようにレジのそばに置かれていることが多い(これもPayPayと同じ)。

レジ付近に提示してあるQRコード (クアラルンプールにて)

各登録国の固有事情

国によって、登録情報、対応するクレジットカードブランド、最低チャージ金額(そもそも通貨が違うが)、登録国の電話番号である必要があるかなどの違いがあるので、記載しておく。

マレーシア

チャージにはVISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、UnionPay、JCBが使える。1回の最低チャージ金額は20RM。

フィリピン

フルスペックを利用しなくても住所、職業、パスポート写真の登録が必要。住所は日本でも大丈夫なようである。1回の最低チャージ金額は200PHP。

シンガポール

チャージにはVISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、UnionPay、PayPalが使える。1回の最低チャージ金額は10SGD。

2019年6月以降に新規アカウント作成するユーザーはNRIC/pass/Permitによる認証が必要となった。これらは短期滞在者には発行されないものであるため、これから新規アカウント作成する短期旅行者はシンガポールドルをチャージすることができなくなった。

タイ

チャージにはタイの電話番号が必要。チャージにはVISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、UnionPay、JCB、Alipay(支付宝)が使える。

ベトナム

チャージにはベトナムの電話番号が必要。チャージにはVISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、JCBが使える。

インドネシア

チャージにはインドネシアの電話番号が必要。チャージにはVISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、UnionPay、JCB、LinkAjaが使える。

GrabPayを使うメリット

  • GrabRewards pointというポイントが貯まり、支払いに利用できる
  • クレジットカードからチャージすればクレジットカードのポイントも貯まる(ポイントの二重取り)
  • 小銭を多く持ち歩かなくて済む
  • 現金に触れないので衛生的である(QR決済なのでスマホを機械に接触させることもない)

-, , ,

リブエア  リブエア

旅好きが旅にまつわるデジタルライフをゆるめにお届けする場所です。執筆者はひと月に最低1度は海外に出掛け、現地の路地裏をウロチョロしています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、海外渡航は行っておりません。
広告